知識

名誉フェローって何?どんな役職?吉野彰さんはいつ就任したかも解説!

2019年10月10日

昨日ノーベル化学賞が発表され吉野彰さんが受賞されましたね。
吉野彰さんが旭化成の名誉フェローという肩書があるということを知りました。

しかしニュースをみていて疑問に思い家族と名誉フェローって何?という話題に・・・。

そこで吉野彰さんの名誉フェローとはどういう意味なのかどんな役職なのかを詳しく解説していきます。

吉野彰さんの肩書 名誉フェローとは

研究室, 解析, 化学, 研究, 化学者, 博士号を取得, 診断, 病院, 試験管, 医療, 医師, 衛生兵

ウキペディアによるとこのように書かれています。

名誉フェロー(めいよフェロー、Honorary Fellow)は、学会大学企業、研究機関が定める学術称号。意味合いとして名誉研究員と近いが、名誉上級会員と訳されることも多い。類似した職名・称号として、名誉リサーチャー、名誉スカラー等がある(いずれも本項で解説)          ウキペディアより引用

何だか難しく感じますが、研究職に従事する人に与えられる職名で簡単にいうと吉野彰さんは旭化成の功績のある研究職員となります。

一言にすると企業研究者ということですね!

名誉フェローとはどんな役職?

 

科学者, 教授, 男, 研究員

名誉フェローは経営に関わるような取締役や執行役員ではありません。

ただお給料や待遇は取締役や執行役員と同じにして功績のある研究者に与えられる役職のことだそうです。

吉野彰さんが研究者を目指したきっかけ

吉野彰さんは企業研究者(名誉フェロー)ですがもともと研究者なろうと目指したきっかけは何だったのでしょう。

そこで調査したところ一冊の本が関係していました。


きなこ

これからの子供たちにぜひ読んでほしい一冊ですね!

吉野彰さんが名誉フェローになったのはいつ?

吉野彰さんはリチウム電池を研究し開発した方ですがいつ旭化成の名誉フェローになったのでしょうか?

調べてみると吉野彰さんは2017年に名誉フェローになっています。

いまではリチウムイオン電池をずっと研究して私たちの生活に欠かせなくなった携帯電話やパソコン、航空機や自動車にも使われているわけですからその功績が認められ名誉フェローになられたのですね。

まとめ

ここまで名誉フェローについて書いてきました。

  • 名誉フェローの意味は研究職に従事する人に与えられる職名・称号のことで企業研究者という意味
  • 名誉フェローの役職は取締役や執行役員ではないが待遇など同等の役職である
  • 吉野彰さんが名誉フェローになったのは2017年

以上調査結果でした。



-知識

© 2020 なこどっく