知識

【子どもでもできる】ハンカチマスクの作り方!縫わない立体型も1分で超簡単

2020年4月2日

縫わないハンカチマスクの作り方
  • 新型コロナウィルスの影響でマスクが買えなくて困ってる。
  • 縫わないハンカチマスクの立体型の作り方を詳しく知りたい。

こんな悩みを解決します。

新型コロナウィルスが現れてからは、お店に行ってもマスクは売っておらず、使い捨てマスクが買えなくて困り果てていました。

マスクが手に入らないことがこんなに不安に駆られるとは思いもしませんでした。

先日テレビで紹介していたのをみて、すがる思いで作ってみたら簡単で縫う手間もなくとても便利。

この方法を知ってるだけでマスクがなくても安心。

  • 「どんなハンカチ生地の素材を使ったらよいか」
  • 「ちょうどいいハンカチのサイズ」

も紹介しますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね。

縫わないハンカチマスクの作り方【立体型】

step
1
ハンカチマスク作り方手順

ゴムを2つ作る

ゴムを作る

だいたいヘアゴムの大きさでよいですがそれぞれの顔の大きさによって調節します。
ちなみに私は30㎝の長さで作りました。

step
2
中央に向かって折る

中心に向かって折る

 

step
3
裏返す

 

中心に向かって折る

 

step
4
中心に向かって折る

 

ひっくり返した画像

 

step
5
再度裏返してゴムを通す

両端からゴムを通す

step
6
両端から半分に折りたたむ

両端から折りたたむ

step
7
折りたたんだ面を顔側につけて装着する

顔側に装着

step
8
縫わずに完成

縫わないマスク完成

材料はたった2つ

縫わないハンカチマスクの材料は

材料

  • ヘアゴム
  • ハンカチ

のみです。

一度作り方を覚えてしまえば何度でも洗って使うことが可能。

ヘアゴムもハンカチも100円ショップなどでも手に入りますが、私の住んでいる地域では品薄となっていました。

ハンカチの選び方のコツ

ハンカチの生地は柔らかく肌触りが良いものを選ぶことがおすすめ。

大きさは「あまり大きくないものを選んだほうがよい」です。

私が選んだハンカチは55センチの正方形のものでしたが、大きすぎてあまりフィットしませんでした。

ちょうどよいと感じたのは33センチ程度の正方形のハンカチ

ハンカチマスクは大きすぎると分厚くなってしまい息苦しいので選び方は大切。

一番のおすすめはガーゼハンカチ。

34センチとサイズもちょうどいいし、白色なので使い捨てマスクと変わらない印象になります。


 

ヘアゴムがなかったら

100円ショップでは、もうヘアゴムがなかったため裁縫用のゴムテープを用意しました。

裁縫用ゴム

縫わないハンカチマスクで予防できる?

「ハンカチマスクをすることでウィルスなどの予防はできるのか」という疑問がありますね。

そこで調べてみました。

マスクの効果は、「自分の咳などの飛沫が飛び散らないようにするためのもの」なのでマスクしているから大丈夫ではなく、手洗いをしっかりすることが大切とのこと。

自分自身がかからないように予防するのではなく、「咳エチケットとして自分自身が移さないようにすること」をメインに考えたほうがよさそう。

 

縫わないハンカチマスク立体型を使った感想:まとめ

縫わないハンカチマスクを使った感想は

  1. ぶ厚いと息苦しく長時間はできない
  2. 非常事態の時に知っているのはとても安心
  3. ゴムの調節ができるので耳が痛くならずにフィットする
  4. 縫わないのでゴムとハンカチをバックにいつも持っていればすぐできるのが便利

こんな感じです。

普通のハンカチは、使い捨てマスクのように通気性がよいものではないので、ガーゼハンカチを選ぶともう少し違うかもしれません。

ハンカチマスクは通常のマスクよりもどうしても分厚くなってしまうので、息苦しい場合もあります。

しかし、自分がもし新型コロナウィルスを持っていたとしたら、ほかの人のために拡散しないようにハンカチマスクでも使うことが大事。

とても簡単なので覚えておくといいですね。

お店に買いに行っても品切れということもあるので、通販でもガーゼハンカチをチェックしてみてください。


 

-知識

© 2020 なこどっく