おすすめのもの 在宅の仕事

【子育て中ママ必見!】普通の主婦が在宅ライターで月5万以上稼ぐには?方法を詳しく解説します!!

2020年11月28日

在宅ライターの仕事は主婦に最適
ライターの仕事って資格を持っていたり、特別な人ができる仕事なんでしょ?
在宅ライターの仕事は文章を書くことが好きなら普通の主婦でも十分できる仕事なんです
きなこ

この記事は、こんな悩みを持っている方に向けた記事です。

  • どうしたら在宅ライターになれるの?
  • 初心者の文字単価ってどのくらい?
  • 在宅ライターの仕事って大変なんじゃない?
  • 在宅ライターになるには資格が必要?

私も普通の専業主婦でしたが、今では在宅ライターの仕事で月5万円以上は稼ぐことができています。

きなこ
しかし、ここまで収入を得るようになるまでは、ブラック案件といわれる案件にもひっかかりました。

私のような人を増やさないためにこの記事を書きとめておきますね。

在宅ライターの仕事ってどんな仕事?

在宅ワーク

在宅ライターの仕事は、クライアントさんからの依頼を受けて記事を作成する仕事です。

パソコンで文章を作成し、納品して報酬をもらうことができます。

在宅ライターに向いている人

在宅ライターに向いているのは、外に働きに出かけたくない人が向いています。

きなこ
かくゆう私も職場の人間関係がめんどうで在宅でできる内職や仕事はないかとずっと探していた人です。
  • 子育て中の専業主婦
  • 人間関係が苦手な人
  • 在宅していなくてはいけない人
  • 1人でコツコツと作業するのが好きな人
  • パソコンの文字入力ができる人

ざっくりあげるとこんな感じです。

特に子育て中の主婦は、とても忙しいですがスキマ時間を使いながら自分のペースでできる仕事なんです。

パートに出かけたら時間的拘束もあるし、子どもの体調が悪い時には休まなくてはいけないなどと困ることもありますよね。

でも在宅ライターはその点、自分のペースで出来るのでとても仕事がしやすいんです。

在宅ライターの報酬

ライターの仕事は、文字単価と記事単価などで報酬が決まります。

文字単価は、1文字に対しての金額です。

例えば文字単価0.5円の案件で、文字数2000文字の記事を作成すると報酬は1000円。

時給にするには、「1時間で何文字かけるか」によりますが最初のうちは文字単価でのお仕事が多いかもしれません。

文字単価1円以下は安い?

クラウドソーシングでも文字単価0.4円とか0.5円などとありますが私の経験上、文字単価が安いクライアントさんとのお仕事は、あまりいいことがありませんでした。

とはいえ、クラウドソーシングは実績を積んでいくことで単価の高いお仕事も請け負うことができるようになるので、初心者のうちは実績を積むために安い案件にも応募する人も多いようです。

きなこ
私もクラウドソーシングを始めた最初のお仕事は文字単価0.5円でした。



ライターの仕事の探し方

ライターの仕事探し方

ライターの仕事の探し方は主にクラウドソーシングとメディアに直接応募する方法があります。

クラウドソーシングで探す

クラウドソーシングサイトは、仕事をしたい人と仕事をしてほしい人をつなぐサイトのこと。

クラウドソーシングには

などがありますが、初心者の場合ならランサーズとクラウドワークスに登録しておくとよいでしょう。

どちらも無料なので登録だけしてゆっくりと仕事を探すこともできますよ。

ランサーズの無料登録はこちら


クラウドワークス

直接応募してみる

ランサーズやクラウドワークスで実績を積んでからは、メディアに直接応募することも可能です。

例えばスマニューなどのニュースサイトに出てくる企業サイトなどは女性向けが多いので取り掛かりやすくおすすめ。

また資格を持った方は特にライターとして高単価の案件をもらえるので自分の経験したことは存分にアピールしましょう。

きなこ
私は自分の書いたライター記事がヤフーニュースに乗ることもしばしばあります

自分が得意なジャンル(コンビニスイーツ・100均・業務スーパーなど)商品レビュー記事は日常の延長戦上にあるため子育て中の主婦にはとてもやりやすいジャンルでおすすめ。

メディアの下の方に「ライター募集」などと載っていることもあるのでよく見ておくのとよいですよ。

また応募の際には、ポートフォリオ(過去の執筆実績)を作っておくことが大切です。

私はこのブログのプロフィールにライター実績をのせてポートフォリオとして応募の際は提出していますので良ければ参考にしてみてください。

きなこのポートフォリオ

在宅ライターの気をつけたい案件選び

ライター在宅案件選び

ここからは、クラウドソーシングサイトで応募しないほうがよいブラック案件のことをお伝えします。

こんな案件はブラック案件だから気をつけて!というのをライターの先輩方に教わった内容です。

こんな案件は要注意

  • 文字単価アップあり
  • 記事テーマはオールジャンル
  • 継続依頼あり
  • 初心者大歓迎
  • スキルアップをサポートします
  • 本契約後は高単価
  • 文字単価が0.5円以下

などです。

高額な教材を売りつけたり「別案件を紹介します」「LINEに登録」などというメッセージもブラック案件ですから相手しないようにしましょう。

きなこ
自信がないからと低単価の案件ばかりを選んでいては時間も労力も搾取されるだけなのでだまされないようしましょうね。

まとめ:在宅ライターは子育て中の主婦に向いている

主婦ライター

一昔前は「内職」やパートに出ることが主婦の仕事の主流でした。

しかし、コロナウィルスの影響で在宅ワークが主流になり、普通の主婦がパソコン1台で収入を得ることができる世の中になりました。

在宅でライターの仕事をするには、きちんとしたクライアント様に出会うことはもちろん、先輩ライターさんの存在もとても大切です。

在宅ライターの仕事は基本1人で記事作成するため「クライアントさんに、こんな条件だされたんだけどそれって普通なの?」「文字単価0.5円って安いの?」など不安に思ったり悩んだりするものです。

そんなときに相談できる先輩ライターさんはTwitter上にたくさんいます。

在宅ライターの仕事をする上では、そのようなメンターもみつけておくこともおすすめします。

ライター以外でも主婦が稼げる仕事もたくさんあるのでこちらも参考にしてみてくださいね。

あわせて読みたい
在宅ワークおすすめ資格なくてもできる
在宅ワークは専業主婦にこそおすすめ!資格なしでも稼げる8つの方法を紹介

続きを見る



-おすすめのもの, 在宅の仕事

© 2021 なこどっく